05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

カウンター

Profile

カテゴリ

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

くろどんのいろんな日記

ゲームネタやらパソコンネタやらをつらつらと綴るサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

記憶域スペースを色々作って試してみた

早いもので前回ブログを書いてから、もう半年以上経ったのですね。。。

前回の記事で作ったNCASE M1を使ってNAS用PCを運用していたのですが、
データの冗長化はRAIDではなく、DrivePoolというソフトを使って行っていました
フォルダ単位でデータの複製を行って冗長化を図るタイプのソフトだったのですが、
ドライブの使用率などを考慮すると、Windows8以降で標準搭載されている
記憶域プールや記憶域スペースを使った方が良いのではないかと思い
色々試してみました

手持ちの空いたHDDをUSB3.0のHDDケース(STARDOM ST4-SB3)に入れてテストしてみました
まずはHDD単体(Seagate ST3000DM001 3TB 7200rpm)のベンチ結果です

HDD単体

一昔前のHDDって感じだし、USBケースに入れてるのでまあこんなもんでしょう

そしてコントロールパネルの記憶域からUSB_Poolという記憶域プールを作り、
4台のドライブ全てを使ってシンプル、双方向ミラー、パリティと言った
記憶域スペースを作ってみました

記憶域プールと記憶域スペース
記憶域プールと記憶域スペース


記憶域プール?記憶域スペース?って方は以下の記事をご参照ください

【清水理史の「イニシャルB」】 予想以上に便利な記憶域スペースやSkyDrive連携 Windows 8+NUC+Thunderboltで作る自宅サーバー - INTERNET Watch Watch
※この記事の"記憶域スペースを作成する"にある画像を参照すると
 どのような感じでHDDを使うのかがイメージとして掴みやすいかと思います

RAIDで言うところのシンプルがRAID0、双方向ミラーがRAID1、
パリティがRAID5みたいな感じだと思って
次からのベンチ結果を見て頂くとよろしいかと思います

ではシンプルのベンチ結果はこんな感じです

コントロールパネルで作ったシンプル記憶域スペース

4台使って書き込むわりには1台の時とほとんど変わらない性能しか出ませんでした

続きましてミラーとパリティの結果はこんな感じです
コントロールパネルで作ったミラー記憶域スペース
コントロールパネルで作ったパリティ記憶域スペース
※上がミラー、下がパリティ

ミラーもシンプルと同様の傾向、パリティは複数のドライブの効果か、
読み取りは結構速い感じですが書き込みが致命的に遅いですよね
ネットワーク越しに使うと考えても
書き込みが500Mbps行かないと考えると
なかなかに遅いと感じてしまうかもしれません

ただここまでベンチを取ってる間に
HDDケースのアクセスランプを見ていたのですが
どうも4台フルに使って読み書きしてる感じではなかったので、
今度はPowershellを使ってコマンドラインから
それぞれの記憶域スペースを作成してみました

打ち込んだコマンドはこんな感じ

Powershellで記憶域スペース作成
Powershellで記憶域スペース作成


そしてこれで作成した記憶域スペースそれぞれについて
再度同じベンチを実施した結果がこちら

Powershellで作成したシンプル記憶域スペース
Powershellで作成したミラー記憶域スペース
Powershellで作成したパリティ記憶域スペース
※上がシンプル、真ん中がミラー、下がパリティ

シンプルはガラッと変わってかなり高速に、
ミラーは書き込みは変わらない感じですが、読み込みはかなり高速に、
パリティはあんまり変わらないですが、コントロールパネルから作るよりかは
若干速い感じでしょうか。。。
HDDケースのアクセスランプを見ると明らかにひかり方が変わって
4台きちんとアクセスしてる感じはあるのですが、
それならばもうちょっと速くてもいいのでは?と思ったのは事実
少し調べてみるとこのHDDケース、STARDOM ST4-SB3は
USB3.0のSSD単体でのベンチ結果が386MB/sみたいなので、
HDDな事、容量可変のシンプロビジョニングでは
若干パフォーマンスが落ちると言われてる事も考慮すると
恐らくUSBケースの限界だろうという結論に。。。

しかしながら記憶域スペースを操作するにあたり
そこそこの台数のHDDをまとめて使うならば
コントロールパネルからGUIで操作するより
Powershellを使って作った方がいいとわかったのは収穫でした
ただパリティの書き込みの遅さは気になりますよね
冗長化を考慮するにあたりDrivePoolを選んだのも
パリティは遅いから!という記事を読んだからなんですよね
これを改善する方法は無いものかと色々調べていたら
SSDを記憶域プールに追加してJournalディスクとして使う方法がありました

記憶域スペースを新しくする その3 | 緑色放浪日記
記憶域スペースを新しくする その4 | 緑色放浪日記
記憶域スペースを新しくする その5 | 緑色放浪日記

たまたま手持ちのSSDにCrucial m4の64GBと128GB版があったので
書き込みが速い128GBの方を使用、DrivePoolで構成したドライブを
一度全部取っ払ってWD Red 6TB x4台構成の本環境を
記憶域で作り直したらかなり実用的に使えるんじゃないか
と思い立って実行した結果、こんなベンチ結果になりました

シンプル
ミラー
パリティ(キャッシュ内)"
※上がシンプル、真ん中がミラー、下がSSD付きのパリティ

やっぱりマザーボードに直接SATA接続した場合は速いですね
パリティもSSDをJournal指定、ライトバックキャッシュを8GB程度で作ったら
全く問題ないレベルまで速くなりました

キャッシュに収まってる間(8GB以内)はこのくらいの性能なんでしょうけど
キャッシュに収まらないデータだとどんなもんかしら?と
1GB → 16GBのテストに変更した結果がこちら

パリティ(キャッシュ外)

やっぱり書き込みはそれなりに下がりますが、
USBケースに入れてたよりかは全然速いし、
パリティなドライブに一度に書き込むデータが
それ程大きくなければ問題なさそうですね

そんなこんなでOS標準機能でデータの冗長化が出来て
パフォーマンスも問題ないレベルまで出来たので
個人的には満足です(*´ω`*)
とりあえず備忘録的につらつらと長すぎるくらい書いてしまいましたが、
また何か気づいたり、残しておきたい情報があったら
記事にしてみようと思うので気長にお待ち下さいませ(。-人-。)
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 1
go page top

SNP機能を無効にしてネットワークを安定させる方法

やっふー、くろどんですッヽ( `・ω・´)ノ

自分では対策を施しておきながらブログの方で書いてなかった記事を書いてみます
Windows Server 2003 R2からSNPという
ネットワーク関連の機能が追加されているのですが
これが原因でネットワークが不安定になることがあるとのこと
元々CPUで処理をしていたものをネットワークカードに処理をさせて
負荷を下げる仕組みらしいのですが、
これはハードウェアの対応が必要な上に効果があるのが10Gbpsからと
有線LANでも1Gbpsとかなので効果が得られません
Vista以降デフォルトで有効になっているので
これを無効にしてしまいましょうというのが今回のお話です

どうやって設定するのかというとコマンドプロンプトから行うので
管理者権限で起動させましょう
スタートメニューを開いてcmdと入力し
それを右クリックして管理者として実行を選んで起動させます
そこで以下のコマンドを入力してみましょう

netsh int tcp show global

そうするとこんな感じの結果が出ると思います↓

SNPを無効にする
SNPを無効にする


赤枠で囲ったところが今回設定する所で
↑の状態だとすでに無効化(disabled)されています
設定のためにうちこむコマンドはこんな感じです

netsh int tcp set global rss=disabled
netsh int tcp set global chimney=disabled
netsh int tcp set global netdma=disabled


これを1行ずつ打ち込んで行くだけです
最後にもう一度

netsh int tcp show global

と打ち込んで上の3つがdisabledになっていることを確認しましょう

ちなみにVistaだとNetDMA状態の項目が無いかもしれません
この場合レジストリで設定する必要があり、
以下のようにキーを辿って行ってください

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters

この項目の中にあるEnableTCPAの値を0に設定してください
(なければ上記項目名をDWORD値で作成して0をセットする)

これで設定は完了なので、
重いファイルをダウンロードするとブツブツ切れるとか
ネットワークが不安定という場合に
ネットワークカードのドライバー更新を含めて
SNP機能の無効の対策を施してみてください
なお、netshコマンドで他の項目をいじって
ネットワークを高速化するなんてことも出来るので
やってみたい!!って方は以下のサイトを参考にされるといいと思います

Windows 7無線LAN設定メモ : Chimtty.net

というわけで今回はこの辺で
またぬ~ヾ(゚ω゚)ノ゛
tb: 0 |  cm: 2
go page top

Windows8をインストールしてみた その後

やっふー、くろどんですッヽ( `・ω・´)ノ

先日Windows8をインストールしてあれこれと書いたんですが、
その時にすっかり忘れてたことが・・・w
MHFとかPSO2とかって動くん??ってお話
簡単な動作検証を兼ねてMHFとPSO2、TERAあたりを
インストールしてやってみた
TERAはさすがに動作環境に入ってるだけあって無問題
PSO2もMHFもnProさんがちゃんと動くか怪しかったですが、
基本的に問題なし
PS2コンのコンバーターもWindows8標準ドライバーで
問題なく動いたのでメーカードライバーは入れてません
その状態でやってみた感じ、
盛大に操作を忘れてるのは仕方ないとして
Aeroが無い分若干操作性がよい感じがしました
まあこの辺はWindowsVista以降言われてた事みたいですが、
7まではAero無効にすると逆効果な環境もあったみたいなのよね
Aeroがある環境で有効/無効を切り替えて使うより
Aeroが元々ない環境の方が安定するのは当然っちゃ当然なんだけどさw
とりまうちの環境ではうまく動きましたが、
問題が出る環境があるのも事実で
その辺を書いてるブログなんかもありましたね
経験上、アップグレードよりもクリーンインストールで
環境を構築して行く方がめんどくさいですけど、
トラブルは少ないことが多いですね
まああくまで参考程度にして頂けると幸いでございます(。-人-。)

というわけで今回はこの辺で
またぬ~ヾ(゚ω゚)ノ゛
tb: 0 |  cm: 0
go page top

Windows8をインストールしてみた

やっふー、くろどんですッヽ( `・ω・´)ノ

昨日に引き続き今日もPCネタです
昨日作ったUSBメモリを使ってWindows8をクリーンインストールしてみました♪

Windows8
Windows8


使ってみた最初の印象としては使いにくいの一言に尽きますw
スタイルUI(旧MetroUI)のアプリは基本全画面なので
どこにどういう操作が隠れているのかを覚えないと
終了すらままなりませんw
デスクトップだとやっぱりスタイルUIは使いにくいですw
タッチ出来ればきっと使いやすいんでしょうね~
なので早速デスクトップ利用を前提に色々カスタマイズしましたw
入れたのはこちら↓

【フリーウェア】Windows8にスタートボタンを付ける「Classic Shell」
WinAero: Ribbon Disabler for Windows 8

最初のは無くなったスタートボタンの代わりになるものと
スタイルUIをスキップして自動でデスクトップに移行してくれます
2つ目はエクスプローラで採用されたリボンUIの有効/無効を切り替えるツールです
リボンUIは最小化すればそれ程気にならないのですが、
少しエクスプローラの反応が悪かったので無効にしました

あとコントロールパネルの[電源オプション]-[電源ボタンの操作を選択する]から
高速スタートアップを無効にしました
これ有効にしてるとハードの取り外しだけで挙動が怪しくなりましたw
USBに刺しても何も反応しなかったりしましたからw
この辺はUEFI準拠な最新パーツで組み上げたPCなり
メーカーPCで使う方が良さそうな印象を受けました
これをオフにしてから変な挙動が無くなったので
当たらずとも遠からずと言った感じですかね
あ、そうそう、ガジェットが無くなったので
こちら↓を参考にこれも復活させておきましたw

Windows8にガジェットを復活|Maxのブログ

ガジェットも高速起動をオフにしたら表示がさっくり行きましたね~
それまでは異常終了したり起動して来なかったりしたw
ホント高速起動は諸刃の剣って感じがします
無効にしてもSSD環境だとそれ程大きな違いはありませんでした
と、↑のSSを見るとわかるかと思いますが、
エクスペリエンスインデックスの評価値の最大が
7.9→9.9になっているそうでオイラのPCでは8.1となりました
グラボとSSDが8.1、CPUとメモリが8.3なので
これを9.9とかにするには今のハード事情だと無理っぽいですねw
てか、GeForce GTX 670で8.1ってんだからちょっとビックリでしたw
んまあこの値はあんまりアテにはならないかも・・・w

とりま少し使ってみた感じはAeroが無くなったのでずいぶんと軽いですね
メモリの使用量も1GBくらい減ったしw
フォロワーさん情報によればCore2Duoのメモリ2GBのXP環境から
Win8 32bitにしたらXPより軽い感じを受けたと聞きました
この辺はタブレット使用を視野に入れて
CPUがAtomでも動くあたりで想像出来てたとは言え、
Vistaから乗り換えると相当軽いんじゃ無いですかね?
スタイルUIはかなり慣れが必要ですけど、
デスクトップ利用を大前提に色々入れれば
かなり軽いいいOSなんじゃないでしょうか
そんなWindows8ですが、アップグレード版が安いのも今月末まで。。。
2月からは2万円くらい高くなってしまうので
どうしようかな~?と悩んでる人は
今のうちに買っちゃうといいと思います(´Д`)

というわけで今回はこの辺で
またぬ~ヾ(゚ω゚)ノ゛
tb: 0 |  cm: 0
go page top

UEFIなWindowsインストール用USBメモリを作ってみる

やっふー、くろどんですッヽ( `・ω・´)ノ

今日はちょっとドラクエはお休みで
オイラの個人的なメモっぽい記事にしちゃいますw
UEFIなWindows環境にしたかったので、
まずはUEFIに対応しているUSBメモリの作り方を書いてみます
時にUEFIってなんぞ?って思うかもしれないけど、
この辺を読んでみると利点がわかるかと思います↓

【清水理史の「イニシャルB」】 Windows 8を覚醒させるUEFIチューニング
~電源オンから5秒以内に起動するPCを実現する -INTERNET Watch


ちなみにUEFIに対応しているWindowsはVista以降で対応してますが、
本格的に対応してきたのは7辺りですかね・・・
なので7以降のインストールUSBを作る感じで話を進めますね
とりま用意するものはこんな感じ↓

■用意するもの
 USBメモリ
 WindowsのインストールディスクやISOイメージ
 Windows7がインストールされたPC
  →Windows8の場合は必要なし、
   7ではUEFIで起動するために必要なファイルを取り出すため

■作り方
  1. コマンドプロンプトを管理者権限で実行する
  2. コマンドプロンプトでdiskpartと入力し以下のように入力していく
    • DISKPART> list disk
    • DISKPART> select disk (表示されたUSBメモリのディスク番号を入力)
      ※容量などから特定しましょう
    • DISKPART> clean
    • DISKPART> create partition primary
    • DISKPART> select partition 1
    • DISKPART> active
    • DISKPART> format fs=fat32 quick
    • DISKPART> assign
    • DISKPART> exit※コマンドプロンプトでの作業ここまで
  3. Windowsのインストールディスクの内容を、
    エクスプローラからUSBメモリにコピーする
  4. Windows7の場合は、USBメモリに\efi\bootフォルダを作り、
    そこにC:\Windows\Boot\EFI\bootmgfw.efiを
    bootx64.efiとリネームして保存する
    ※Windows8のUSBメモリを作る場合、この作業は必要なし

作り方としてはこんな感じ
やってることをちょっと簡単に書いてみると
USBメモリを一度すべてまっさらにしてFAT32でフォーマット(項目の1.と2.)
そこに必要なファイルをコピーすると言った感じ(項目の3.と4.)

エクスプローラーからUSBメモリ初期化したらダメなん??って思うかもしれない
出来るかもしれないけどきちんと動くかはわからないね
diskpartというコマンドを使うと綺麗サッパリ消せるのが利点なので
ちょっと難しいかもしれませんが
これでFAT32のUSBメモリを作るのがいいと思います
またエクスプローラーでのまるごとコピーするなら
Windows 7 USB/DVD Download Toolってのを使えばいいじゃん!って思うかもしれない
このツールはUSBメモリをNTFSでフォーマットしてしまうのでダメなんです
UEFIから起動するときにNTFSファイルシステムだと選択肢に出てこないんです
ここで問題となるのはWindows7用のUEFIなUSBメモリを作るときは
予めWindows7を普通にインストールして
UEFIブートに必要なファイルを取り出さないとダメなのがちと厄介ですね

とりまこれでUEFIなUSBメモリが出来上がるので
あとは起動時にUEFIのメニューから
このUSBメモリを指定して起動するだけです
インストール中は従来のBIOS環境下とUEFI環境下での違いは無いので
いつも通りインストールすればOKです
ちなみにインストール後にdiskpartコマンドを使って
インストールしたディスクの情報を見ると
3つのパーティションに分かれていればUEFIでインストールされています
※ディスクを丸ごと選んだ場合
 個別にパーティションを切った場合は切った個数+2個の
 パーティションになってるかと思います
あとブートセクターをUSBメモリに書き込んでないので
UEFIからしか読み出せないですが
その辺を書き込めばBIOS環境でのインストールも可能な気がします
まあこの辺は試してないので参考程度に(。-人-。)

というわけで今回はこの辺で
またぬ~ヾ(゚ω゚)ノ゛
tb: 0 |  cm: 0
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。