04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

カウンター

Profile

カテゴリ

最近の記事+コメント

くろどんのいろんな日記

ゲームネタやらパソコンネタやらをつらつらと綴るサイト

NCASE M1を使ってコンパクトなPCを作ろう【組み立て編】

はい、ごめんなさい、今回もダメでした・・・orz
また盛大に間が開いてしまいました・・・
一度書いてたのが半分以上消えてしまい、
そこからなかなか書くモチベと機会が・・・
とは言え、こうしてまた書き直したので、
さくさくっと詳細を書いていきますよ?

まずは化粧箱!

こんな化粧箱
化粧箱はこんな感じ


意外とシックでかっこいい(*´ω`*)
早速取り出してみると・・・

マグカップとの比較
マグカップとの比較


そこそこ奥行きはあるもののATXケースなどから比べると
やはりかなり小さいですな~
小さめのブックシェルフスピーカーを奥に長くしたくらいの大きさですかね
とりあえず天板、両方のサイドパネル、前面パネルとか色々取ってみると・・・

天板取ってみた
天板取ってみた

左側面パネル取ってみた
左側面パネル取ってみた

右側面パネル取ってみた
右側面パネル取ってみた

背面はこんな感じ
背面はこんな感じ

前面パネルを取ってみた
前面パネルを取ってみた


色々なところに何かしら付けられるような穴が開いてますが、
説明書とかが全くついてないので
ある程度は想像しながら作業になります
とは言え前面には光学ドライブや2.5インチドライブ、
背面には9cmまでのファン、底面にはHDDや12cmファンなどが付けられることは
公式のサイトからわかるのであとはどのネジを使って止めるかですね
公式のFAQからこのような画像が落とせます↓

ネジ類一覧
ネジ類一覧

※FAQのBuild-relatedあたりにあります

これがあればどのネジ使えばいいかわかりますかね
ただ自作経験がなかったり、Lian-Liケースのマウント方法が未経験とかだと
これでもわかりにくいかもしれません。。。
公式サイトから組み上げた画像の一覧とかが確認できるサイトに飛べるので
その辺を見つつどこに取り付けるか確認しながら進めるといいかもしれません
※公式サイトのGalleryタブを参照のこと、
 User buildsのmoreのリンクからさらに見れます

右側面パネルを取った画像からお気づきかもしれませんが・・・

裏配線用のスペースは皆無
裏配線用のスペースは皆無


最近のケースのトレンドである裏配線用のスペースは皆無です
なるべくケーブルは短く、いらない配線は繋がない、
マザーボードとスペーサー間の隙間を使うなど
それなりに工夫が必要です。。。

そして前面コネクタ関連のケーブルは12cmファンをつけると
このくらい↓の隙間しかありません

底面に12cmファンをつけるとこんな感じ
底面に12cmファンをつけるとこんな感じ


前面コネクタのケーブルはそこそこ長さがあるので
ファンの側面に沿うように取り回したりするとといいです
このケースの大きさを考えるとちょっと長めなケーブルだと思いますが、
コンパクトなMini-ITXマザーだとコネクタの位置も様々なので
この長さも仕方ないんですかね。。。
あともうちょっとケーブルが細いと楽ですね
USB3.0のケーブルは使ったマザーだと結構近い位置にコネクタがあったので、
何度か輪を作るように回してからコネクタに繋げました

とりあえず一通りパーツを付けて組み上げてみると
こんな感じ↓になります

上から見たところ
上から見たところ

背面ファン周辺
背面ファン周辺


まずは上から見たところと、背面ファン周辺部分です
ちょっとわかりにくいのですが9cmファンを14mm厚にしたのがここで活きてきます
2.5インチSSHDや9cm背面ファンギリギリまでラジエターが来てますが、
数mmのクリアランスでぶつからずに付けられます
公式サイトから見れるユーザーが組み上げた画像を見ると
 マウンター → ファン → ラジエター
とついてるものがありますが、
チューブのテンションを考えると
 マウンター → ラジエター → ファン
と言ったように付けた方がチューブにテンションがかからないような気がします
柔らかくて取り回ししやすいチューブなら前者でもいいですね

そして電源とグラボの上の空間にケーブル類を押し込めるとこんな感じです

電源とグラボの上の空間にケーブル類を押し込める
電源とグラボの上の空間にケーブル類を押し込める

電源とメモリの間に配線が集中
電源とメモリの間に配線が集中


ぐちゃぐちゃなのでもっとキレイにまとめられるとは思うけど、
私にはこれが限界ですw
でもこの部分に押し込められればマザー部分のクリアランスは確保出来ますね
このマザーだとちょうど電源とメモリの間部分にコネクタが集中するので
メモリは一番最後につけると作業しやすかったですが、
ATX電源ケーブルは何回かくるくると捻ってから取り付けました
その方がATX電源ケーブルはコンパクトに纏められました

最後はファンフィルターをつけてラジエターとそのマウンターを取り付けるととこんな感じ

ファンフィルターをつけたらこんな感じ
ファンフィルターをつけたらこんな感じ


ラジエターのマウンター部分と底面は
磁石がくっついたのでマグネット式のフィルターを選んだのですが、
フィルターの磁力では弱くてくっつきませんでした。。。
なのでネジ止めしています
いずれここに別途磁石をファンの形に貼り付けて
ネジ止めしなくてもいいようにしようかと画策中です

最後に全部組み上げてから思ったのは、
電源の向きを右サイドパネルから吸気するようにしましたが、
240mmラジエターを使うならラジエター越しとは言え、
ラジエターファンからの空気が直接流し込めるので
高負荷じゃなければその方がフィルターも少なくて済むかなと思いました
ただ高負荷な状態だとラジエターで温まった空気が
電源に流れることになってしまうので一長一短ですね

あと海外のサイトでNCASE M1用のダストフィルターも注文してみたのですが、
ラジエター部分に使ったSilverStoneのマグネットファンフィルターの方が
入手性を考えるとよかったかなと思いました
しかし専用のダストフィルターということで、
電源部分だったり天面や底面、背面、ラジエター部分と
ホコリが入りそうな部分全部のフィルターがラインナップされていたので
必要な方は以下のサイトから注文してみるといいかもしれません

DEMCiflex NCASE M1
※南アフリカからFedExで空輸しましたが、ケース本体より短い時間で届きました

もう一つ上げるとすればグラボはショート基盤の物の方が
エアフローも確保出来ますし、グラボ自体がしなって
底面のファンに当たると言ったことも回避出来ます
その辺を加味すると現時点ではASUSやGIGABYTEの
ショート基盤版GeForce GTX 970や960がいいと思います
とは言えこんな長いグラボでもゲームを止めればきちんと温度が下がるので
ファンさえしっかり選べば安定して使えるいいケースです
ただその選定がなかなか難しくて静圧と風量のバランスの取れたファンを選びましょう
そう言った観点から見ると価格はちょっと高いですが、
Noctuaのファンは静かだしオススメです

っとつらつら書いたらまた盛大に長くなりましたが、
これにて一旦終わりになります
NCASE M1の購入などの検討材料になれば幸いです
また何か気づいたところがあったりしたら
加筆または別記事を書こうかと思います

P.S Youtubeにレビュー動画があるので貼っておきます


関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

NCASE M1を使ってコンパクトなPCを作ろう【パーツ編】

またしても盛大に期間が空いてしまいました><
実際に組み上げながらパーツ選んでたので遅くなってしまいました。。。
後述しますが意外とファンの選別が難しかった・・・
とりあえず使ったパーツ類を列挙してみます

種類製品名
CPUIntel Core i7-4790K
CPUクーラーEnermax LIQMAXII ELC-LMR240-BS
Noctua NF-F12 PWM x2 (12cmPWMファン)
マザーボードASUSTeK Z97I-PLUS
メモリG.Skill F3-2666C12D-16GTXD 16GB (8GBx2)
グラフィックカードMSI GTX 970 GAMING 4G
SSD/HDDCrucial MX200 CT250MX200SSD4 (M.2 Type2280 250GB)
TOSHIBA MQ01ABD100H (SSHD 1TB)
光学ドライブPioneer BDR-TS04/WS
電源SilverStone SST-SX600-G (80PLUS GOLD 600W SFX電源)
ケースNCASE M1
ケースファンNoctua NF-A9x14 PWM (9cm 14mm厚PWMファン)
Noctua NF-P12 PWM (12cmPWMファン)
その他Ainex SLS-3005SA (Slimline SATA電源変換セットコネクタ )
Ainex CA-09SA (ファン用電源変換ケーブル)
SilverStone SST-FF123B x2 (12cm ファンフィルター)
ASUS S/PDIF Audio Optical and RCA Out Back Plate Cable Bracket

※赤字のものは旧PCから流用したものです

構想編でも書いた通り、CPUとメモリ、グラフィックカードは流用です

マザーは長年使っているASUSからZ97I-PLUSにしてみました
これならばオプションパーツのブランケットを使うことで同軸出力が出来ます
R.O.GモデルのMini-ITXマザーのMAXIMUS VII IMPACTだと
オプションパーツのブランケットが使えないんですよね
その代わり専用のサウンドボードがついているので
同軸出力に拘らなければIMPACTのがいいかもしれません
他にもIMPACTはM.2の帯域がPCIe 3.0x4 だったりします

CPUクーラーは簡易水冷にしようと最初から思ってました
元々Corsair H100やSwiftech H220を元に設計されてたらしいので
それと同等のサイズのものであれば入ると思います
SFX電源の場合ラジエター長が290mm以下、
ラジエターにファンを搭載した厚さが60mm以下なら大丈夫です
実際にはもう少し余裕がある様ですが、
細かい寸法はNCASE M1のCompatibilityタブをご参照ください
Swiftechのものは入手性が悪くてCorsair H100でも良かったんですが、
レビューの評判が良かったのと価格からEnermaxのをチョイス
しかしながら標準のファンが盛大にうるさかったので、
静圧と静音性のバランス、かなり低回転までPWM制御出来る
Noctuaのファンに交換しています
それでも最大で回すとそれなりの音がしますが標準ファンよりマシですw

メモリはG.SkillのTridentXシリーズのDDR3-2666のOCメモリです
このメモリはヒートシンクを含めると高さが54mmとそこそこありますが、
特に干渉することもなく取り付けられました
マザーの横に搭載されるSFX電源の高さが64mmくらいなので
それを超えなければ基本的に大丈夫だと思います

使ったグラフィックカードはヒートシンクのヒートパイプが
カードの上にニョキッと出てるのですが、
ギリギリ干渉せずに側面パネルが閉められる感じです
どんな感じかはこちらをご参照ください


※これを見て使える!と思いましたw

269mmと長いカードですが問題なく収められます
しかし組み終わって再考してみると
ショート基盤の物の方がいいかなという気も。。。

M.2のSSDはPCIe接続のものにしようかと思ったのですが、
価格とパフォーマンスのバランスを考えて
SATA接続のものでいいかなと思いました
ちょうど選定している時にCrucial MX200シリーズが出てたので
そこから250GBのものにしてみました
SSHDは東芝と思っていたのとPS3やPS4用に確保しておいたものがあったので
それを使うことにしましたw

スロットイン光学ドライブは数が非常に少ないので
PioneerかPanasonicのどちらかしか無い感じです
Blu-rayが読めればいいかなと思ったのですが
焼き品質が安定しているとレビューにあったPioneerにしました
今更Blu-rayに焼く事があるのかはかなり怪しいですが。。。
再生ソフトなどがついてるのにしたのでちょっとお高め

電源はATX電源も積めないことは無いのですが、
それにしてしまうと240mmラジエターの水冷が使えなくなるのでSFX電源一択
そして効率がいいものとなるとSliverStoneの80PLUS GOLDのもの、
出力にも余裕を持たせたかったので600Wのものになりました
欲を言えばPlatinum電源がいいのですがSFX電源では無いのですよね。。。
Corsairさんあたり作ってくれないかな・・・AXシリーズ電源くらいの品質でw

底面に12cmファンが2つ、背面に8cm/9cmファンが搭載出来るので
それら用にNoctuaからチョイス
背面のファンはラジエターと干渉を避けるために14mm厚のものにしています
これならばギリギリ当たらずに使えます
底面の12cmファンは25mm厚ならば2スロットのグラフィックカードと
数mm干渉せずに使える感じです

Ainexのパーツはスロットインの光学ドライブ用ケーブルと
もう一つは簡易水冷のポンプの電源をSATA端子から取るために買いました
SliverStoneのファンフィルターは非常に薄いので
側面のラジエターのホコリ対策用です
ASUSのやつは同軸出力用にブラケットですね

とまあつらつらと書いてたらまた盛大に長くなったので、
次こそ実際に組み立てた時に思ったことをまとめてみようと思います
今度こそ近日中に書き上げますよおおおお!!><
関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

NCASE M1を使ってコンパクトなPCを作ろう【購入編】

前回の構想編からだいぶ経ってしまいましたが、
今回はNCASE M1の注文について書いてみます

まずNCASE M1の注文ですが必要な物はこんな感じです

◆必要なもの
  • PayPalアカウント
  • クレジットカード(今回はVプリカを使用しました)

海外の決済ではわりと必要になるイメージなPayPalのアカウントが必要になります
PayPalにクレジットカードを登録して決済代行を行ってもらう感じです
ちなみにクレジットカードをそのまま登録するのは個人的に嫌なので
プリペイドタイプのVプリカを使いました
VプリカはVISA互換でほぼどこでも使えるので結構重宝しています
PayPalやVプリカのアカウントの新規作成の際はこちら↓のサイトを参考にしてみてください

海外通販に強くなる!PayPal(ペイパル)アカウントの作り方! | Tools 4 Hack

手軽に使えるVプリカのアカウント作成方法 – Vプリカの使い方 ≫ 使い方・方法まとめサイト - usedoor

PayPalのアカウントがあってクレジットカードが用意出来たらこちら↓

■事前作業
  1. Vプリカをコンビニ等で3万円分くらい買ってくる
     後述するが実際にかかったのは$215 USD
     何枚かに分かれている場合はVプリカのサイトで一つにまとめる
  2. Vプリカのサイトでカード番号を確認し、PayPalにカードを登録する
     PayPalにログイン後、[個人設定] - [クレジットカードの登録または編集] から
     カードの追加
  3. 追加したカードを決済時にメインとして使う設定をする
     登録したカード欄にある [メインとして設定] を押す
     PayPalに登録したメールアドレスに従って確認を行う
     (Vプリカのサイトで利用明細を確認し、4桁のコードをPayPalのサイトで入力)

※普通のクレジットカードを使う場合はVプリカのところを適宜読み替えて下さい

ここまで出来たら今度はNCASE M1のサイトに行きましょう

NCASE | M1
※英語

注文画面

ケースの画像と概要が書かれている間のところに
色と光学ドライブを搭載するかどうかの有無、Version、
個数の選択欄があると思います
光学ドライブを搭載する場合はスロットインタイプに限定されます
ここでその搭載の有無を選ぶのですが、

Yes → ケース上面前部のスリットがあるタイプ
No → ケース上面前部のスリットがないタイプ

の上面パネルになるようです
本体色がシルバーならば別途アクセサリーで
上面前部のスリットがないタイプの上面パネルが注文可能です
M1 Accessories のページで何個かパーツが用意されていますが、
上面パネルを後から変えたい、保守部品が欲しい、
HDDのケージを追加したい、電源延長ケーブルの向きを変えたい
といった需要を満たすもので、基本これらは選ばなくても大丈夫です
Quantityとあるところに必要な個数を入力してカートに追加しましょう

住所などを入力

カートに追加すると名前と住所、電話番号などを入力するページになります
英語での住所の書き方がわからないよ~って方は
こちら↓のサイトを参考にしてみてください

英語の住所の書き方 -海外Amazon購入ガイド-
海外通販での住所の書き方 | 自転車パーツの海外通販情報局

あとは Calculate Shipping を押して輸送方法を選択します
私はよくわからずに TW AIR を選択し、$30 USD の送料で
全部で $215 USD (購入時の為替レートで \26,295) になりました
TW AIRは後々に台湾からの空輸であることがわかりましたw

この後に進むとPayPalアカウントでの決済に入ります
PayPalのログイン画面が出るのでログイン後に決済が進み、
PayPalに登録したメールアドレスにメールが届きます
このメールに注文内容が書かれているのですが、
最後の方に Please click this link to update your address
書かれている箇所があるので、そのリンクから住所の確定を行えば
注文は完了です

ここまで来たらあとは根気よく待つだけです
実際に最後の住所を確定してから
次のメールが来るまでに4日程かかりました
それまではほんとに注文できたのかヒヤヒヤもんでしたねw
その4日後の来たメールには在庫の確保が出来たよ!
何日に出荷するからね!と書いてあったのですが、
実際に出荷されたのは予定から1週間遅れ、
日本に入ってきても週末に税関審査だったためにさらに遅れて
2週間くらいと書いてあった納期は結果的に3週間半くらいでした
1週間遅れた時にはそろそろ催促のメールを書こうと思ってた時期でしたが
遅れた経緯や追跡番号入りのメールがちゃんと来たので
信じて根気よく待つのも必要ですね
多少英語を読む力が必要になりますが、それ程難しい文章でもないので
翻訳サイトを駆使したりすれば何とかなると思います
英語に自信のある方はもっと早い段階でメールしたら
もっと状況がクリアになると思います

NCASE M1の注文に関しては以上になります
これに併せてマザーボードなどのPCパーツは
何を買ったか書こうかと思ったのですが、
かなり長くなってしまったので、それはまた別記事にします
とりあえずこの記事でケース本体を買う際の参考になれば幸いです
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

NCASE M1を使ってコンパクトなPCを作ろう【構想編】

ブログも久しく書かなくなって、キャプチャーボードも使わなくなって、
USB DACを買ってサウンドカードもあんまり必要なくなって来て
果たしてこんなデカイPCいるんか?と思うようになりました
そう、時々やってくる小さいPC組みたいよ!って時期になったのですw
そんな時にAkiba PC Hotlineの記事に面白そうなケースを発見!
これが事の始まりでブログを再度書いてみようと思ったきっかけですね

小型ケースの理想型?ハイエンド構成に最適なMini-ITXケース「NCASE M1」 - AKIBA PC Hotline!
M1-v2-05-600x450.jpg
※公式ページより画像を拝借

NCASE | M1
※公式サイト(英語)

Mini-ITXケースなのに簡易水冷が搭載出来て、
意外とハイエンド構成でも行けるみたいだったので
これを使って組んでみたいと思うようになったのが年末くらいの事。。。
そこから色々と調べたり、パーツに求めるものをまとめてみたりしてみました

◆パーツ選びの要件
  1. CPUはCore i7-4790K (流用)
  2. メモリは8GB x2 = 16GB (流用)
  3. Z97チップセットのMini-ITXマザーボードでS/PDIF out headerがある
  4. GPUはGeForce GTX 970 (流用)
  5. ストレージはM.2のSSDとSSHD
  6. 240mmラジエターの簡易水冷を使用
  7. SFX電源で80PLUS GOLD以上、オプション品にスリーブケーブルがあるもの
  8. スロットインタイプのマルチドライブ、Blu-rayは焼けなくても読めればOK


現状流用と書いたものは持っていて、
そこからマシンスペックは落としたくありませんでした

3番目の項目でS/PDIF out header付きとありますが、
これはUSB DACのUSBドライバーの安定性があんまり信じられないからです
以前使っていたものが長時間使っているとノイズが載ったり不安定になったりしたので
長時間安定して使うならSPDIF出力を使った方がいいかなと。。。
しかしながらマザーボードのコネクタを見ると光デジタルの端子はあるのですが、
同軸出力がほとんどのマザーでありません
PCの配置上少し長めのケーブルが必要になるのでコスト面でも同軸を使いたかったのです
距離が長くなると光デジタルのケーブルは高い><
一部のマザーメーカーではこんなオプション品があるので
マザーボード上のヘッダーピンと組み合わせると同軸出力が出来る様なのです

SPDIF出力ブラケット
※↑の右側の画像の左側の端子、黄色い丸型の端子が同軸出力用の物です
 右側の端子はマザーボードのバックパネルにも同様の物がある、
 角形光デジタル出力用の端子です

実はこのブラケットはUSB DACを買う時に別途手に入れてたんだけど、
今まで取り付けてなかったのです。。。
なので今度はしっかり使おうとw
それにNCASE M1も拡張スロットが3つあるのでGPUで2スロット使っても
一番下段にこのブラケットを搭載出来るのでは?と考えたんですよね
てか、このブラケット、かなり昔のASUSマザーは普通に付いてきたような・・・
あの時は使い方も訳がわからず捨ててしまった気がします。。。
今じゃ代理店も扱ってないみたいですが、
まだAmazonとかオークションでは手に入る感じです

ストレージはSSDとHDDの構成にしたかったのですが、
搭載出来る部分がかなり限られているので
Z97から搭載されたM.2スロットのSSDを使用
そこにはOSを入れてなるべくOSに影響が出ないように、
容量の大きいソフトなどはHDDを使用
しかしながらあんまり速度も遅くしたくないのでSSHDといった感じです
少し荒業ながらSSDの一部をISRTキャッシュとして使って
残りにOSを入れるなんて荒業もあるようですが、
これは実際に使ってみて遅いなと感じたら・・・にしたいと思います
一応参考までに↓

Intel Smart Response Technology(ISRT)をOS on SSDで利用する | untitled document

※要約するとOSが入った別のディスクで起動し、ISRTの設定をする
 別のディスクを取り外して、そのままだとSSDが見つからないので
 RAIDドライバーを組み込み、キャッシュ以外の残りの領域にOSをインストール

7番目はコンパクトなケースなので電源ケーブルを取り回す際に
意外と標準のものだとクセや硬さから作業性やエアフローが
悪くなるかなと思い、スリーブ化出来るものにしようかと。。。
まあこれも組んでみつつ必要なら・・・って感じですかね

そんなこんなでツラツラと書いていたら
だいぶ長くなってしまったので今回はこのくらいにして、
次回はこの点を踏まえNCASE M1の注文から、
実際に選定したパーツについて書いてみようかと思います
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

たま~に書くくらいかも・・・

大変ご無沙汰でございます、くろどんです

ブログ書かなくなって11ヶ月が経ちました
久々にちょっと書いてみたいネタが出来たので、
また少しずつ書いてみようかと思っています
しかしながら昔みたいに毎日書いてみようとはさらさら思ってないので
たま~に更新されるくらいだと思います

とりあえずまたよろしくお願い致します(。-人-。)
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

突然ですが

え~、突然で大変申し訳無いのですが、
ブログを本日を持ってしばらく休止しようかと思います

理由としてはモチベの低下もあるのですが、
書こうとしてもなかなか文章が浮かばないことなどがあります
それに内容も薄いですし、
最近はあんまりツイートしてないですが、
Twitterでもういいんじゃないかと思うようになりました
以前は両立して少し記事を変えたりしてたんですが、
そのための文章が出てこないので
結局ツイートと冒頭の文章が同じになって
書いててなかなかつらいところもあったのです
不定期更新にするのも考えたんですけど
毎日続けてきた日課みたいなところもあったんで、
書けないなら一旦止めてしまった方がいいかなと

正直意外と飽き性なオイラがここまで続けてこれたのが奇跡かも
このブログを通して色んな人と出会えて遊んだし喧嘩もしましたね
それらもすべていい思い出ですが、
完全にネット世界からドロンするつもりもないので
あいつどうしたかな~?って思ったらTwitterで話しかけてもらえればと思います
2008年の夏頃から今まで本当にありがとうございました
今後はTwitterの方にいますので
そちらの方で今後ともよろしくお願い致します(。-人-。)
関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

初めての人とヒドラ

やっふー、くろどんですッヽ( `・ω・´)ノ

@1ヶ月ちょい先か

エルミタージュ秋葉原 – 「深夜販売は5月10日(土)の夜?」(3/27) ・・・複数関係者談

あんまり現行と変わらないけどM.2のサポートが入りましたね
たぶんPCIeのレーン数が20くらいだと思うんですが、
2レーン使うみたいなのでPCIeのコネクタが少し少なかったりするのかしらね?
それとも共用なのかしら??
後者だとするとSSDのパフォーマンスが完全に活かせるかわからないけど
拡張ボードを挿す時には説明書をよく読まないといけないかもですね
とりままだ詳しい情報はもう少ししたら出てくるんでしょうから
楽しみに待つしか無いですな(´Д`)

さてさて、ヒドラカードの期限が近いというので
何人か初めてでしたがヒドラ行ってきましたよ?

ちょっと危ないところもあったけど無事に撃破
ちょっと危ないところもあったけど無事に撃破


簡単に注意点をお話していざ勝負!
怒っても連続噛みつきが少なかったので
序盤は結構淡々とダメージが稼げたんですが、
やっぱりかみつきがくるとガタガタと崩れちゃいますね
でもまあ無事に何とか立て直して勝てました(*´ω`*)
この辺は日頃一緒にやってるからですね
結果はお察しの通り破片というね。。。
まあこんなもんですかね
今までかなりの確率でベルトが出てたのがおかしいくらいだしw
次はベルトもらうぞ!!( `ω´)

というわけで今回はこの辺で
またぬ~ヾ(゚ω゚)ノ゛
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ひとまず魔戦で着ます

やっふー、くろどんですッヽ( `・ω・´)ノ

日本はいつになるのか・・・

【イベントレポート】Microsoft、iPad用Officeを無償で公開 - PC Watch
マイクロソフトが iPad版Officeを無料配信。Word, Excel, PowerPoint対応、編集はOffice 365加入者限定 - Engadget Japanese

今までOffice Mobileってアプリがありましたが
アレはなんちゃってOfficeみたいな感じでしたからねぇ~
全然機能なかったですし。。。
こうなるとOfficeがあるからWinタブ!みたいな必然性も薄くなるような・・・
でも日本はまだ提供されていないと言うねw
早いところ提供してくれればiPadをビジネスで本格的に使えるかもですね

さてさて、先日どうぐ使いがLv50になりましたが、
何故か勢いでこれを買い揃えてしまいました

ノーブルさん買ったった!!
ノーブルさん買ったった!!


ノーブルさん買ったった(*´ω`*)
どうぐ使いのレベルが足りないので今は魔戦で着てますが!w
どうぐ使いがもうちょっと着回せればいいのにね~
もう装備枠パンパンですよ(´-ω-`)
早く装備枠の拡張を!!!
まあ前がきじゅつしな魔戦だったので硬くなったしいいですけどねw
とりあえずあとはどうぐ使いのレベルを上げるだけなんですが、
お財布が寂しくなったので金策もしないといけないオイラでした(´-ω-`)

というわけで今回はこの辺で
またぬ~ヾ(゚ω゚)ノ゛
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

やっとこさLv50

やっふー、くろどんですッヽ( `・ω・´)ノ

欲しいかも

オンキヨー、DSD 5.6MHzネットワーク再生や4K/60p対応で9万円を切るAVアンプ - AV Watch

Onkyoの通販サイトだと7万ちょいか~
他のショップで安いところだと6万円台くらいになったりするかな??
それでこれだけの機能がついてたら買いかなぁ~
まあ音が重要ではありますがw
エントリーアンプとしては十分な性能かと思うので、
今後出てくる上位モデルがどんな感じになるのかが楽しみです

さてさて、どうぐ使いが実装されてそこそこの日が経ちまして
もうLv80とかになった人が周りにも出始めてる中・・・

職業装備と証をGet!
職業装備と証をGet!


やっとこさLv50達成です\(^o^)/
職業装備に必殺と証も揃えましたよん
証の効果はどうなんだ?って気がしないでもないですが、
レベル上げには良さそうなのでしばらくは装備しましょかね
ただ装備枠がいっぱいなので早くどうにかしたいw
どうぐ使いの装備が何気に厄介なんですよねぇ~
他の職業と違いすぎてどうぐ使い専用に
装備買わないといけないのがちょっと嫌なところ。。。
でもこの間ピラミッドでどうぐ使いいれてやってみたら
超楽チンだったのでオイラもやってみたいんだよねぇ~
ともなると早いところレベル上げないとだよね。。。
槍に一時的に振ってがんばりましょうかね
ただそうなると本職の僧侶をしばらく休業しないとだな~w
んまあ最近みんな僧侶やってくれるしいいか!w
よ~し、ちょっと槍持ってタコ狩ってくる!!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

というわけで今回はこの辺で
またぬ~ヾ(゚ω゚)ノ゛
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

竜玉欲しい

やっふー、くろどんですッヽ( `・ω・´)ノ

ん~

配信エリア制限を越えて聴ける radiko.jp プレミアム発表。月額350円(税別)で4月開始 - Engadget Japanese

ラジオは地域色が出るからこれっていいことなんだろうか??
自分の好きな人が自分の住んでる地域外で
ラジオとかやってると聞けないから
一定の需要はあるとは思うけどねぇ~
ちょっとニッチな感じがしないでもないですが一応取り上げてみました

さてさて、チムメンからガイアカードが期限間近ってことでご一緒してきました

竜玉ください!!
竜玉ください!!


竜玉ください!!
最近出てないのよね・・・
まだ合成もイケてないのもあるし・・・
早いところ全部HPで埋めたいのですが
なかなかアクセ出してくれないのよね
破片もこの間復元したばかりなので全然個数ないし・・・
どこかで持ち寄りでもやろうかしらね
とりまこの日も安定の破片w
竜玉の合成がうまくいくのはいつの日になるんだろうか(´-ω-`)

というわけで今回はこの辺で
またぬ~ヾ(゚ω゚)ノ゛
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top